WORKS
WORKS TOP  >  2022 - お茶漬けBar ZUZU

お茶漬けBar ZUZU
東京/2022


「新宿」


お茶漬けBar ZUZUは新宿歌舞伎町にて2002年から営業しているお店である。

玄米とアゴ出汁のお茶漬けを20種類以上用意し、お酒とともに提供している。20年以上新宿で営業してきたこのお店はもはや新宿の歴史の一部となってきている。

今回はこれからの20年もアップデートし続けることが出来るインテリアを提案した。

通常、商業インテリアは5年〜10年のスパンで模様替えが行われる。その理由としては、お客様個人の使い方や、多くの人数を重ねることによっての壁や床が傷みなど、制作当時には想定しづらい部分も多い。

そこで、将来起こりうる部分的な修繕にも全体デザインが影響を受けないようなインテリアを作ることが出来ないかと考えた。

実際には特徴的な壁紙をパッチワークの様につなぎ合わせ、既存の壁の枠なども意匠として活用する事によって、壁紙のジョイントがデザインとなり、将来の修繕によって新たなデザインが生まれるように配慮した。

私はお茶漬けBar ZUZUがこれから20年間もアップデートされ続けていくことを望んでいる。



デザイナー:吉田昌弘・キム ヒョンウク
写真撮影:宮本 啓介



竣工 2022年1月
住所 東京都新宿区歌舞伎町1-21-2 伊藤ビル3F・4F
設計期間 2021.8.18-2021.11.19
工事期間 2022.1.17-2022.1.30
延べ床面積 158.08㎡
施工会社 株式会社 タブスタジオ