WORKS
WORKS TOP  >  2020 - Fruitspeaks 新宿駅

フルーツピークス
東京/2020


「旬」



フルーツピークスは1924年創業のフルーツ専門店「フルーツショップ青木」から生まれた店である。熟練のフルーツマイスターが、市場や生産農家を訪れ、その場で吟味し、厳選したフルーツを仕入れている。
また、フルーツは季節とともに旬が変わリ、フルーツピークスでは収穫されたフルーツが完熟を迎えたときに提供することを心がけている。
そこで、わたしは、「フルーツの旬」をインテリアを通して伝える事ができないかと考えた。
実際には、背面に並べた商品BOXの一部をディスプレイとし、そこに旬のフルーツを映し出すように設計した。また、スタッフのユニフォームにも旬のフルーツのバッジを製作して取り替えることによって、視覚でその時期の旬が一目で分かるように設計した。
わたしは、フルーツピークスが「旬」なフルーツの伝道師となることを望む。




デザイナー:吉田昌弘・石井嘉恵
写真撮影:宮本 啓介



竣工 2020年9月
住所 東京都新宿区新宿3丁目38-12F 南口改札内 JR 新宿駅(現コージーコーナーがある場所の一部)
設計期間 2020.3.24-2020.6.11
工事期間 2020.7.15-2020.7.31
延べ床面積 18.93㎡
施工会社 アークフィール株式会社