WORKS
WORKS TOP  >  2020 - nana’s green tea グランフロント大阪店

nana’s green tea グランフロント大阪店
大阪 / 2020

「広間と小間」

株式会社七葉は「抹茶」という切り口から、「新しい日本のカタチ」を世界に発信している会社である。
良質の抹茶を、抹茶ラテなど現代的にアレンジしたメニューで提供している。
そして、その店内に求められる空間は「和風」ではなく「現代の茶室」である。
それは、オーナーの言葉を借りれば”日本に昔からある茶文化を現代的な解釈で楽しめる店”をつくりたいという思いの表れである。

茶の湯では、四畳半以上を広間、四畳半以下を小間と言いい、四畳半は広間にも、小間にもなりうる広さである。
小間は、台子をはじめ一切の棚物を用いないで、運び点前で使う茶室で、飾りの場所は床だけに限定されるに対し、広間では台子をはじめ種々の棚物を飾って点前をすることができる。いわば小間はわび茶の世界であり、広間は書院の世界である。
nana’s green teaうめきたグランフロント店では、四畳半以下の広さのブースを点在させ、中に入ると飾り気のない小間の空間を感じられ、外から見ると点在しているブースが広間の装飾品に見え、広さの異なる二種の茶室を感じられる空間構成を行い、現代の茶室空間を表現した。

また、今回は2013年に施工した物件の改装のため、既存のコンセプトを残しつつ、仕上げ材を変更し過去と未来をつなぐデザインを試みた。

2013年当時のデザイン
http://www.kamitopen.com/works/2013_nana_grandfront.html




デザイナー:吉田昌弘・石井嘉恵・田丸明日香
写真撮影:宮本 啓介




竣工 2020年2月
住所 大阪府大阪市北区大深町 グランフロント大阪 Aブロック A0424
設計期間 2019.8.1-2019.1.15
工事期間 2020.2.1-2019.2.23
延べ床面積 269㎡
施工会社 -