WORKS
WORKS TOP  >  2017 - ブランコがある家
ブランコがある家
東京 / 2017

「窓」

浅草の個人邸、リノベーション計画である。

リノベーションにとって、最も変更が効かないのが、開口部である。

しかし、プラン変更に伴い、光の取り込み方を変えたいのも常である。

そこで、今回は、外壁の窓の内側に障子による内壁の窓を作ることによって、もともとの開口の位置からずらした部分に光の取り込み口を設計した。

私は住人が、光を砕き拡散する障子によって、あたかもそこに窓があるかのように感じ、光に包まれた生活をおくれることを望む。

デザイナー:吉田昌弘
写真撮影:宮本 啓介