WORKS
WORKS TOP  >  2015 - nana's green tea 京都祇園店
nana's green tea 京都祇園店
京都 / 2015

「組子」

株式会社七葉は「抹茶」という切り口から、「新しい日本のカタチ」を世界に発信している会社である。
良質の抹茶を、抹茶ラテなど現代的にアレンジしたメニューで提供している。
そして、その店内に求められる空間は「和風」ではなく「現代の茶室」である。
それは、オーナーの言葉を借りれば"日本に昔からある茶文化を現代的な解釈で楽しめる店"をつくりたいという思いの表れである。

数奇」とは、和歌や茶の湯、生け花など風流を好む事であり、「数寄屋」は「好みに任せて作った家」と言った意味で茶室を意味する。

数寄屋と呼ばれる茶室が出現したのは、安土桃山時代であるが、当時茶人たちは格式ばった意匠や豪華な装飾を嫌った。

そこで好まれたのが軽妙洒脱で多彩な建具類であった。
後に板硝子という新たな材料を得て、いっそう多彩に展開するが、雪見障子や猫間障子、組子障子など様々に発展した。

千年の都京都は、数寄屋建築の発祥の地であり、京建具を茶室に取り入れ独特な空間を作り出した歴史がある。

nana's green tea 祇園店では、建具の意匠に取り入れてきた組子のデザインを抽出し、茶室の歴史と四季を表現する事を試みる。

実際には四季(春:桜 夏:波 秋:胡麻 冬:雪)を表現する組子を壁面に配し、四季を感じる事が出来る空間とした。

写真撮影 宮本 啓介


< PRESS >
住宅インテリア究極ガイド 2017