WORKS
WORKS TOP  >  2013 - nana's green tea 上野マルイ店
nana's green tea 上野マルイ店
東京 / 2013

「四季」

株式会社七葉は「抹茶」という切り口から、「新しい日本のカタチ」を世界に発信している会社である。
良質の抹茶を、抹茶ラテなど現代的にアレンジしたメニューで提供している。
そして、その店内に求められる空間は「和風」ではなく「現代の茶室」である。
それは、オーナーの言葉を借りれば"日本に昔からある茶文化を現代的な解釈で楽しめる店"をつくりたいという思いの表れである。

日本人は古来より、巡る四季を生活に取り組み暮らしてきた。
室町時代に座敷の文化が生まれ、屋内の生活が快適になり、次第に屋内で過ごす時間が多くなった。
そのため、屋外と距離が生まれたが、絶えず屋外、自然界に心を向けられるよう室内の襖や壁面に、風景や花鳥風月を描き、屋内に季節の彩りを取り入れるなど住まいに工夫をほどこした。
それは、自然と一緒でなくては暮らせないという日本人の心情のあらわれであり、四季を愛で、客人を最上級のおもてなしで迎えることに徹する素晴らしい文化である。
nana's green tea上野マルイ店では、区画を4つのゾーンに分け、入り口から春夏秋冬、それぞれのゾーンに四季を当て込み、お客様が店内を移動することで、四季の変化を感じられ、お茶を楽しみたい季節を自由に選ぶことができる空間を作り出した。
実際には、透けていながら表裏印刷の可能な特殊シートに四季を表現し、季節の移り変わりを感じることができる空間を設計した。

写真撮影 宮本 啓介