WORKS
WORKS TOP  >  2011 - nana's green tea イオンモール羽生店
nana's green tea イオンモール羽生店
埼玉 / 2011

「縁側」

株式会社七葉は「抹茶」という切り口から、「新しい日本のカタチ」を世界に発信している会社である。
良質の抹茶を、抹茶ラテなど現代的にアレンジしたメニューで提供している。
そして、その店内に求められる空間は「和風」ではなく「現代の茶室」である。
それは、オーナーの言葉を借りれば"日本に昔からある茶文化を現代的な解釈で楽しめる店"をつくりたいという思いの表れである。

縁という言葉は、「ふち」とも読み周囲を限る境界を意味します。

同時に「ご縁がありますね」というように、つながる意味も含まれます。(茶の湯/表千家監修 引用)
今回は「縁」を使い、店とお客様との「縁」と同時に、お客様同士の「縁」もつなげる事は出来ないかと考えた。
実際には、「縁側」に見立てた集成材のベンチが延びていき、高さを変える事で横の客席の机となり、さらに高さを変える事によって通路となるように設計した。
その結果、店全体が一つの縁側となり、月を眺め、お客様同士が一つの繋がりを持つ空間となった。

写真撮影 宮本 啓介


< PRESS >
家具から発想する建築計画 2015年7月号
DELICIOUS+FASHION DINNING (中国) 2014年8月号
商店建築 2012年3月号

< AWARDS >
2012 - 第46回 SDA賞 入賞
2012 - DSA賞 2012(空間デザイン賞) 入賞